出産後でも体型を整える技は骨盤にあり

女性の出産は、骨盤に考えられないダメージを与えます。産後の骨盤ケアを怠ると将来その歪みから、骨盤のみならず、至るところに不調が訪れると言われるほどです。しかし、骨盤ケアをしっかりすることで、産後の体型を自然に産前に近い形に戻すことが出来るでしょう。

まず、欠かせないのは、骨盤ベルトです。産後の入院の持ち物として、病院から言われると思いますが、子どもを産むさいに開いた骨盤を歪ませずに締めるためにベルトが必要になります。昔は、さらしを使用していたようなので、自分に合ったものを選びましょう。使い方としては、骨盤を下から持ち上げるようにしっかりと締めます。座ったり立っているとどうしても骨盤がまっすぐにならないので、必ず寝た状態で行います。た

そして、骨盤ベルトの使用と並行して、運動も大切です。仰向けに寝て、足を立てた状態で、お尻の上げ下げをしたり、四つん這いの格好で骨盤を意識しながら、お尻を動かしたりすることで、衰えた骨盤周りをすこしずつ鍛えていくことができます。ただし無理は禁物です。

体の重心の中心部分でもある骨盤のケアを怠らずに意識することで、産後太りや産後の体の痛みを長引かせずに、快適な生活が送れるでしょう。