簡単に出来る歪みチェックで骨盤状態を知ろう

骨盤が歪んでいると、肩こりや腰痛、頭痛など様々な症状に表れてしまいます。しかし自分では骨盤が歪んでいるのか分かりません。そこで、ここでは自宅で簡単にできる歪みチェック方法をお伝えしていきます。

まず全身が映る鏡を用意して、その鏡に足の裏が見えるようにして、床に足を伸ばして座ります。そうしたら両足のかかとをそろえて力を抜きます。

そうするとつま先が開きます。この開いた状態を鏡で見た際に、両足の開きが同じであれば問題ありません。どちらか一方の傾きが大きい場合には、そちら側の股関節がずれていることになります。

次にチェックは足を肩幅に開いたまま仰向けに寝ます。次に親指が体の前に来るように腰に手を当ててください。この時親指は骨盤の一番高いところに来るようにしましょう。

そうしたら中指は床につけるようにしてください。この時に親指から床までの高さが左右同じであれば問題ありません。左右の高さが違う場合には、低い方の骨盤がねじれていることになります。

最後のチェックは背筋を伸ばした状態で正座をしてください。肋骨の下に親指を当てて、骨盤の上に中指か人差し指をあてます。左右の長さが同じなら問題ありません。もし左右の長さが違うのであれば、短い方に傾いていることになります。