脚を組んで座るのが骨盤にNGな訳

普段、椅子に座るときにどうやって座っていますか。脚を組んで座る人も多いでしょう。脚を組むことで、骨盤がゆがみやすくなってしまいます。実際に、それを自覚している人も多いのではないでしょうか。

脚を組んだ状態は、骨盤をひねった状態ということです。その状態が続いてしまうと骨盤がひねったままの状態を記憶してしまいます。くせになっている人は、すでに骨盤がゆがんでしまい、脚を組むことが楽になってしまっている可能性が高いです。そうすると、ますます脚を組んでしまうので骨盤が正常な状態から程遠くなってしまいます。

骨盤がゆがんでしまうと体にとって良いことはありません。骨盤の上にある背骨にも影響が出てしまい、猫背になっていませんか。そして、肩こりや首こりなどで悩んでいないでしょうか。鏡で自分の姿を見たときに姿勢が悪く、老けた感じがしていませんか。座り方だけでここまで体に影響が出てしまうのです。

椅子に座るときは、脚を組まないで正しい姿勢を心掛けましょう。そうすれば、骨盤がゆがまなくて済みます。そうすると、背骨も正常な状態になりますし、体調が崩れることもあまりなくなるでしょう。くせになっている人も意識して座るようにしてください。